TOP

無料で古紙回収してもらう方法と注意点

古紙は市区町村で決められている収集日に出すか、不用品回収サービスを利用するのが一般的になっています。しかし、市区町村が収集するタイミングでは間に合わなかったり、都合が悪かったりするケースもあるでしょう。不用品回収の各種サービスは、お金がかかるケースが多いです。一方、無料の古紙回収を利用すれば、お金をかけず、こまめに処分することができます。特に事業所や店舗の場合はすぐたまってしまうことも多いため、この無料の古紙回収は魅力的ではないでしょうか。全国に多数の業者がありますので、ぜひ探してみましょう。

無料の古紙回収を依頼するには事前申込みが必要になるため、インターネットを利用し、検索サイトを使って無料で古紙回収をしてくれる業者を見つけるところからスタートします。業者ごとに対応しているエリアが異なるため、オフィスや店舗へ収集に来てもらいたい時は、必ず事業所の所在地で探すようにしましょう。都道府県単位で対応しているところもあれば、市区町村単位で決めているところもあるなど様々です。分からない場合や、対応エリア外でも隣接した市区町村にオフィスなどがある時は、直接聞いてみることをおすすめします。

希望に沿う業者を見つけたら、収集について相談してみましょう。基本的に即日対応は難しいため、事前に話しておく必要があります。どの程度の古紙が出るのかはもちろん、いつ頃収集に来てもらうかといった点を話し合い、しっかりと決めておきましょう。事業所などで古紙の分量が多い時は、毎日取りに来てくれないか聞いてみるのもよいでしょう。こまめに回収してもらえば保管の手間を省けますし、保管スペースの確保も不要です。お店や事業所のスペースを圧迫することがないため、ゆとりある導線を確保できるでしょう。指定の場所に置いておけば、あとは業者が、毎日特定の時間に回収に来てくれます。同様に無料で利用できる自治体の古紙回収と比べて、労力をかなり削減でき助かります。

古紙回収業者は定期的な回収を行うだけでなく、持ち込みが可能な場合もあります。例えば、まとめて大量の古紙が出た時などは、定期回収より、持ち込んだ方が手っ取り早いこともあります。ただし、持ち込みに対応しているかどうかは業者によるため、事前に確認が必要です。自分が利用したいと思うサービスを行っている業者をピックアップして、内容を検討することが重要です。疑問点などがある場合は、問い合わせをして相談してみましょう。

お知らせ

[2020年08月26日] ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る